障害児たちの放課後の居場所とは?

2014年12月13日

みなさんは特別支援学校などに通っている障害をもつ児童が、放課後や夏休み・冬休みなど長期休暇の際にどのように過ごしているのか考えたことはありますか?

僕は正直あまり考えたことはありませんでした・・・・。

障害児童や健常者の児童は放課後や長期休暇には家庭や学校の外で過ごす時間はたくさんあります。学校と家庭だけで過ごすにはあまりにも時間がもったいないことです。

しかし、障害をもつ児童は健常者の児童が利用している児童クラブなど施設を利用することは難しいのが現状です。それによって障害を持つ児童は居場所が限られてしまうのです。

学校と家庭の往復だけでは障害を持つ児童だけでなくご家族にも負担になることは少なくないと思います。

そこで厚生労働省は平成24年に「放課後等デイサービス」というサービスを創設することになったのです。

皆さんは「放課後等デイサービス」という言葉を聞いたことはありますか?あまり聞きなれない言葉だと思います。

このサービスは、放課後や長期休暇の際に障害を持つ児童と家族のために存在するサービスです。

生活能力向上のための訓練等の提供、障害児の自立を促進や集団生活への適応の学び場として、放課後等の居場所づくりとしての役割を持っています。

わかりやすく言えば「障害児のための学童保育」といったところです。

このサービスは障害をもつ児童だけでなく、ご家族にとっても負担を軽減させてくれる素晴らしいサービスだと思います。

共働きの家庭や核家族が多い現代社会では、放課後や長期休暇など子供を一人で過ごさせるにはとても不安がつきまといます。

だからといって仕事を長期間休むといったこともできません。

そんなときにこの「放課後等デイサービス」は大きな力を発揮するのではないでしょうか?

放課後や長期休暇の際の障害をもつ児童の安心して過ごせる居場所になり、学校や家庭以外の学び場になる。
さらには、仕事や家事に追われるご家族がリフレッシュできる時間を作ってくれる。

この「放課後等デイサービス」はこれからどんどん普及してくるのではないかと思います。

障害を持つ児童やそのご家族の方のためにも一度利用を考えてみてはいかがでしょうか?

岐阜・本巣・瑞穂でおススメの放課後等デイサービス ひまわり

http://himawari.link/

訪問マッサージは一人で通院できない方の味方です。

2014年7月3日
高齢者社会となった今、自宅や施設で寝たきりになられている方は数多くみえます。寝たきりになってしまうと、筋力が低下し動くこともままならず、関節が固まって動かなくなってしまうことも多くあります。
「まだまだ自分で動きたい。」「痛みや痺れが少しでもよくなりたい。」と思われている方もいると思います。介護されているご家族様や施設のスタッフ、ケアマネージャーの方も「少しでも介護の負担が軽くした。」「これ以上体の状態が悪くならないようにしたい」と願っていると思います。
ですが「介護保険では利用限度がいっぱいでリハビリができない。」「なかなか医療機関に通院できない」と悩まれている方も少なくありません。
そんなとき強い味方になってくれるサービスがあります。
それは「訪問マッサージ」です。それも医療保険が適用されるため、介護保険の利用限度を気にすることなく利用できるのです。
寝たきりや歩行が困難で、一人で通院が難しい方の自宅や入所している施設に国家資格をもつマッサージ師の先生が訪問して施術をしてくれるというものです。
どんな方が対象になるかというと、特定の病名に関わらず、関節の動きが悪くなってしまう「関節拘縮」や身体に麻痺や痺れがある「筋麻痺」等の症状がある方が訪問マッサージの保険対象になります。
特定の病名に限らないのですが、「関節拘縮」や「筋麻痺」が現れる疾患の場合、保険が使用できる可能性が高いです。
例えば、「脳血管障害後遺症」です。脳梗塞や脳出血、くも膜下出血があります。
他にも「廃用症候群」「パーキンソン病」「多系統委縮症」「脊髄小脳変性症」「脊柱管狭窄症」「ALS」「変形性膝関節症」「腰椎圧迫骨折」「関節リウマチ」「水頭症」など様々あります。
これは一つの例ですので、一度主治医の先生に聞いてみるのもいいかもしれません。他にも保険が適用される疾患は数多くあると思います。
「少しでも身体の状態を改善したい。」「介護の負担を改善したい。」と思われている方は訪問マッサージがおすすめです!
一度ケアマネージャーさんに聞いてみるか、インターネットで検索してみるといいかもしれません。すぐに見つかると思います。
http://hoken28.com/

岐阜市にある接骨院に通っています

2014年5月1日

先日首が痛いなぁと思っていたので接骨院に行ってきました。

肩こりとか腰痛になったら接骨院にとりあえず行っています。そこで解してもらったり整体を受けるとだいぶ楽になるからです。私が行っている接骨院は、先生がさんにいる接骨院です。

院長先生とベテランの先生と若い子の3人です。三人三様でどの先生もそれぞれの良さがあっていつも楽しみにしています。院長先生の施術はさすがにうまいと感じます。いろんなことを知って見えるので、何か分からないこと聞いてもすぐに答えてくれますし、安心して治療を受けさしてもらいます。

なんといっても先生の施術は安心感があるというところなんでしょうかね。ベテランの先生はさすがベテランというところがあって、私と話がいちばんあうかなと思います。それは世代も同じということもあって仕事の悩みや、目深のこととか調子のこととかどんなことでも気軽に話せるからなんですね。

技術に関してはもう言うこともなくまでさすがベテランということもあり院長先生並の施術や会話をしもらえます。そして若い子なんですがまだ免許取り立てという先生なんですか明日のフレッシュというところもあっていろいろ件でちょっと不安な点もありますが若さや最新の知識というもの持っているのでいろんなことや薬のこと聞いてもいろいろ答えてくれます。

それにスポーツやの栄養のことに詳しいのでそういったことも聞いています。どうやらその子の話を聞くと高校の野球部のトレーナーをしているようです。その高校も結構甲子園に行ったりするような格好なので非常に専門的な知識が非常に専門的なトレーニングの方法を知っているようです。

今回もその高校が甲子園に行けるかどうかという強いチームのようなのですごくやりがいがあるという話を聞いていると私も何か嬉しくなってきます。若い先生は何か夢があってすごいなぁすばらしいな素敵だなぁと言う感じなります。

単純に何かこの子応援してあげたいなぁ的になってくるのが不思議です。院内の雰囲気がとても明るく和気藹々としていまし院長先生を含めすべての先生や事務員などのスタッフさんもいつも笑顔で笑い声に溢れた治療院です。なんかほっとするというか家のこたつに帰ってきたみたいなそんな不思議な感覚になる接骨院ですね。

仕事で疲れているとイライラしたり何かと落ち込んだ気分になったりする毎日ですが、ここの整骨院に行くとすごくなんか元気をもらったような気になります。

やはり仕事もバリバリ頑張るも大切ですが、癒しも大切だなぁ。リラックス時間だとか自分を大切にする時間または自分を見つめる時間いたものもとても大好きなんじゃないかなぁといつも考えさせられます。

私も先生達みたいにいつもニコニコ笑顔で仕事に邁進したいなーと思いながらいつも接骨院を後にします。

さてと今日もいちにち仕事がんばりまーす!

岐阜市で、交通事故の痛み、むちうちなら田原接骨鍼灸院がおすすめ

http://www.bo-ne.com/

安売りに走らないように

2014年3月5日
ホームページは日々の運営や更新作業などが大変だけど大切ですよね。ホームページの更新はまめに行うなどしていつでも最新であるようにする。またマッサージ店はホームページで割引クーポンを目玉に掲載されているのをみますが、最初は割引で気軽に来ていただいて2回目からは正規の料金で来てもらうのが狙いで割引クーポンのサービスを行っていますが、でもそれはクーポンがあるから来店しているだけで、後が続かないんですよね。だからクーポンで来店されたお客様はなかなかお得意様になってくれないんです。だからホームページで年中割引クーポンを掲載したとしても本当の顧客になるとは言いきれないですね。割引クーポンで成功されているマッサージ店もあるので一概には言えませんが、本当に身体の不調で悩んでいる方のためにどんな方に来て頂きたいかホームページを制作するうえで明確にしてみてください。

施術風景を入れる

2014年2月4日
マッサージのホームページだけとは限りませんが、やっぱり見やすいホームページに作り上げることだと思います。できるだけ多くの方にホームページを快適に見てもらうためには大事なことですよね。特にマッサージのような、ホームページだけではなかなか安心・信頼できるお店なのか伝わりにくいものです。なら施術の様子がホームページで見られると良いと思います。動画が見られると安心感もあるし、例えばスポーツマッサージですが、一瞬の勝負にかけるスポーツ選手にとってはマッサージひとつでも大切です、治療やケア・メンテナンスの施術風景が動画で紹介されていると見ている側は安心できます。信頼をあたえることができれば一度来店してもらうことが出来ますからね。ホームページを制作するうえで大切なことは、どれだけ信頼されるかだと思います。

ホームページを作る理由

2014年1月16日
マッサージには国家資格と民間資格がありますが、国家資格を有するマッサージ師は法律によって治療院の名前や施術者の名前、マッサージの種類などだけで、それ以上ほかには派手な広告やチラシなどの宣伝はしてはいけないんですよね。例えば、施術者の経歴や料金、効能・効用・効果や治す治療などの表現はチラシや広告に載せてはダメなんですよね。しかし民間資格のマッサージでしたら規制がないので、いくらでも自由に広告や宣伝ができるし、派手な看板やチラシが作れるから民間資格のマッサージは宣伝が楽ですね。反対に国家資格のマッサージは法律があるので宣伝方法が限られてくるので派手な看板やチラシが作れない分、ホームページで上手に宣伝するしかないです。ホームページがマッサージ治療院の顔になるので、清潔感ある見やすいホームページを作って下さいね。

シンプルなホームページ

2013年10月8日

ホームページの作り方ひとつで集客効果も変わってきますよね。ホームページを制作する上で悩むのが構図です…参考にしたいホームページはやはり「シンプルで見やすいホームページ」ではないでしょうか!!でもホームページに慣れていないと、なかなかどうしていいのか、結構難しい問題ですよね。最初はどのように制作すればいいか分からないですが、ちょっとしたコツを知るだけで見栄えするホームページが作ることが出きると思います。例えば、文字や色使いを間違わなければ失敗しなと思います。ホームページを目立たせたいと思い、たくさんの色を使いすぎて見にくいホームページになってしまう、ゴチャゴチャしてしまいます。業種によって色々な色を使っていいホームページもありまが、あくまでもマッサージのホームページです、清潔感のある見やすいホームページを目指すことです。せめて使う色は3つまでにしましょう。ちょうど良いバランスが保てますよ!あくまでもシンプルなもので十分だと思います

どこまで伝えるか

2013年7月20日

マッサージの魅力をどこまで伝えられるのか。それがホームページを作るにあたってやらなければいけない事。魅力を感じなければ、誰もマッサージを受けに行きません。老若男女幅広い人に来てもらいたいのか、中高年に来てもらいたいのか。自分の行うマッサージではどんな症状の改善が得意なのか。アスリートのメンテナンスを得意としているのか。幅広く何でもより、ターゲットを絞ったほうが、そのワードに引っかかりやすい。自信満々なキャッチは 反対に胡散臭い感じが漂う。よくダイエットや美肌の広告でも、過剰で合成写真とか平気で使用している。でも本気にして騙される消費者もいますからね、詐欺スレスレで、グレー色満点ですね。国家資格ならまだしも、民間資格で改善や治す 治療 マッサージなど表記はできません。いがいに勘違いしているマッサージ店多いので、そういう店には行かない方がいいと思います。

怪しげな商品

2013年6月9日

たまにホームページ上で、商品を紹介して販売している、

マッサージ店があります。何とかパワー入りやら、これで10歳若返る。膝痛みがこれで解消!などなど。やはり胡散臭いは、いなめませんね。でも買う人がいるから売ってるんだろうし…。そマッサージお客様が納得して購入しているならいいでしょうが、先生に勧められるままに購入していたら危険なような。いい意味で信頼しているからでしょうが。後はネットワークビジネスにハマっている先生も見かけます。ネットワークビジネス方が儲かるからと、あっさりマッサージ店を閉店させた先生も知っています。腕いい先生だけに残念でしたよ。なぜ?って思いました。そ後、そネットワークビジネスは上手く行かず…まあ見えていた事ですが…。目先利益しか見ていない人はこザマです。今何をされているか不明です。が、別にどうでもいいです。そこからまた学べる人ならいいですね。

情報が一番!

2013年5月10日

ホームページを作る意味はまず、たくさん方に覚えてもらうことが重要です。綺麗なインパクトあるホームページ!!もちろん見た目も大事です。ただ覚えてもらうために大切なが見ている人が、「こマッサージ店へ行きたい!」と思ってもらうような内容です。例えば、施術内容だったり、価格であったり、お店雰囲気だったり、また施術者写真が出てたり経歴がわかる。こように情報がホームページに載せてあるとお客様を呼び込むために必要なことだと思います。お客様からしてみたら身をまかせるわけですから、どんな人にマッサージされるか、出来る限り事前に知りたいと思うが当然ですよね。そ患者様不安を解消するホームページですからキチンと情報があるが一番です!ただ綺麗なホームページだけで終わらないでくださいね。